あるとの株式投資メモ

株式投資の勉強を始めました。

家電を製造販売する会社の決算報告書読んだ感想

家電を製造販売する会社を見てきました。

パナソニック三菱電機日立製作所、シャープ、東芝ダイキン工業が数千億円の税引き前利益を上げていました。

この中でダイキン工業がエアコンを中心として、製造販売しているほかは、家電以外の部門で利益をあげて居ました。

大企業は、家電の会社でなくて、総合電機企業なのだと思いました。

 

小物の家電を製造販売している会社は、山善富士通ゼネラルドウシシャ象印魔法瓶、ツインバードなど、そのあとに続く企業なのですね。

家電でも、富士通ゼネラルのように、エアコン専業もありますし、ヤーマンの様に、美容器具が中心の会社もありますし、家電を製造、販売するのが成長産業ではないこと改めて感じました。

 

決算報告書を毎日読むことは、私にとって株式投資の勉強になりますので、これからも続けたいと思っていますが、仕事の内容がわかる業種で続けたいと持っています。

 

時代最先端をゆくIR企業では、会社で何をしているのか、理解できませんので。

明日からは、地方銀行を見てゆきたいと思っています。