あるとの株式投資メモ

株式投資の勉強を始めました。

ツムラの株価の値動き

ポートフォリオに製薬会社がないから、一度、製薬会社を持ってみたい」と思っ

た。息子に相談すると「自分で選べ」という。

 

トップの会社は、もう値段が上がり過ぎているだろう。

PERが一番低い会社は、名前もあまり知らない会社、おそらく忘れ去られて値上がりはおぼつかないだろう。

その当時PERが、中より少し低いツムラを選んだ。

漢方薬を扱う会社だから、ほかの会社から差別化できると考えた。

 

しかし、買った値段から下がった。

医療保険の点数が下がったからということだった。

 

昨年度の確定申告が終わり、来年の確定申告の準備をしておかなければと考えたとき、1社、記念配当をすると発表した会社があった。

 

私は、息子の被扶養家族、基礎控除が48万円あるだけである。

配当金の合計が、48万円にしなければならない。

別の証券会社に、移管することも考えたが、ほかの会社の配当も少しは動きそうである。

余裕をもって考えたい。

 

ツムラを売ることにした。

買った値段とほとんど差がなかった。マイナス出なかったことが幸いだったか。

 

息子に言われた。

「株を買う時、PBRが1に近いことが、まず基本だが、その次はPERが大切だ。

事業価値があるような会社の場合は、PERの低い会社を選ぶものだよ。

お母さんは、値上がりしそうに見える会社を選んだ。そんな会社は、あまり値上がりしないものだ。」

 

ところが、今、チャートをみたら、ツムラが値上がりし始めている。

いかに、私自身の銘柄選びが下手なのか目の当たりにした思いである。

 

f:id:spring211:20210413084721j:plain

エニシダ