あるとの株式投資メモ

株式投資の勉強を始めました。

木村剛氏の「投資戦略の発想法」を読んで(3)

木村剛氏の「投資戦略の発想法」を読んでの1回目と2回目のコピーを貼り付けようとしたのですが、うまくゆきませんでした。

申し訳ありません。

 

1回目は、「毎月の生活費と株に投資する資金は別にしよう。」

2回目は、「20~30年の長期投資をすること、少なくても、3種類の銘柄に分散するべきこと。」

3回目は、個人投資家は、情報量と資金量では、機関投資家に勝てません。

勝つ方法は、デイトレーディングではなく、長期間株を持ち続けることです。

銀行預金は、単利ですから、預金高は増えませんが、複利で増えてゆく株式投資は、10年、20年、30年と時が過ぎると増えてゆきます。

長く持ちたい株ですから、自分が就職するなら就職したい企業の株を買いましょう。

f:id:spring211:20210302072527j:plain

クリマスローズ、今の季節に咲き始めるのですね。