あるとの株式投資メモ

株式投資の勉強を始めました。

JALのその後

JALが値上がりしている。もしかしたら、コロナが終わる見込みがあるのだろうか? - 人生は80から (hatenablog.com)

もう一度、JALの事を考えてみた。

2月1日にJALは、第3四半期の決算を発表している。昨年より68%の減収である。

2月2日は、株価の大きな変動はない。(当時1900円代)、

2月3日から反発をして、2月26日に2535円。

 

JALの反発している理由は

①減収の程度が、予想より,すくなっかった。

②投資家のなかに、コロナが終わる見込みを持つ人が出てきた。

 その理由は、

 ・コロナのワクチンが、使用され始めた。10月に投与が終わるといわれている。

 ・政令できまっている2類相当のコロナ、5類相当に見直しを主張する人がいる。

 

①は、考えにくい。

心のどこかにJALの再度の倒産を疑うことがある。

 

②であるが、ワクチンの効果が高く、コロナが終息すれば、これほどうれしいことはな

 い。     

 

しかし、3月になり、緊急事態宣言が、解除される方向性にあるが、この後、コロナの感染者が増えるかどうか、なんて、今はだれにも分からない。

 

ただ、東京証券市場で株の取り引きをしている人は日本人とは限らない。

世界のどこかで、「コロナは終息する」と考えている人がいないとも限らない。

そして、世界の中には「コロナは、恐ろしい伝染病ではない。」と考えている人がいるかもしれない。

 

コロナには、終息してほしい。

一方、JALは、コロナ流行前の3500円前後に戻るのであろうか。

f:id:spring211:20210228082502j:plain

椿