あるとの株式投資メモ

株式投資の勉強を始めました。

山梨中央銀行2022年3月期の決算短信

https://www.yamanashibank.co.jp/ir/library/assets/files/K20220516_4.pdf

上記は、山梨中央銀行の2022年3月期の決算短信です。

山梨県唯一の地銀で、県内融資の40%を占める。

東京都西部にも進出。

自己資本比率も地銀では上位。

経常利益66億2400万円(6.3%)

通期予想67億円

貸出金利利息、役務取引収益は増加しましたが、有価証券利息配当金、国際等債権売却は減少、経常費用の減少で、昨年度より、6.3%の経常利益増加となりました。

PER8.53倍

PBR0.58倍

市場の評価も、どの銀行とも変わらないよう。

ツユクサ
ですね。

第四北越フィナンシャルグループの2022年3月期の決算短信

https://www.dhfg.co.jp/financial/ir/capital/pdf/202203_04_tanshin.pdf

上記は第四北越フィナンシャルグループの2022年三月期の決算短信です。

新潟県首位の第四銀行と2位の北越銀行経営統合

2021年1月両行合併。

地銀上位。

経常利益235億4500万円(34.5%)

通期予想245億円

コロナの影響、後半のウクライナ戦争による原材料高、円安の1年間でしたが、新潟県の経済が、比較的堅調であり、上記の利益を上げることができたとのことです。

PER6.87倍

PBR0.26倍

地銀上位行でも、市場の評価は、きびしいものですね。

 

センニチゴ

コンコルディア・フィナンシャルグループの2022年3月期の決算短信

https://ssl4.eir-parts.net/doc/7186/ir_material_for_fiscal_ym/117279/00.pdf

上記は、コンコルディア・フィンンシャルグループの2022年3月期の決算短信です。

コンコルディア・フィナンシャルグループは、横浜銀行東日本銀行を傘下に持つ、持ち株会社です。

2016年に統合しています。

横浜銀行地方銀行首位級の銀行でした。

信販売力が強く、東京、神奈川県に力を入れ、個人と中小企業に強い会社です。

経常利益822億57000万円(98.6%)

通期予想830億円

株式販売益が、47億円ほど、落ちましたが、経常費用も456億円ほど落ち、経常利益が増えました。

PER10.10倍

PBR0.48倍

地方銀行、首位級の銀行でも、市場の評価は厳しいですね。

マリーゴールド

東京きらぼしフィナンシャルグループの2022年3月期の決算短信

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS04434/10a5cd83/9302/441f/ac9d/4108bf28d542/140120220511540599.pdf

上記は、東京きらぼしフィナンシャルグループの2022年3月期の決算短信です。

傘下に東京都民銀行八千代銀行新銀行東京が合併したきらぼし銀行があります。

経常利益249億4300万円(203.2%)

通期予想278億円

きらぼし銀行の貸し出し金利の増加、子会社からの臨時配当、日銀当座預金への利息で収益が増加し、経費が、経営の効率化により減少しています。

PER3.43倍

PBR0.25倍

市場評価は、どこの銀行もよくないですね。

捩子花

 

2022年3月期の千葉興業銀行の決算短信

https://ssl4.eir-parts.net/doc/8337/tdnet/2122311/00.pdf

上記は、千葉興業銀行の2022年3月期の決算短信です。

千葉県が、地盤の銀行で、みずほ銀行が20%余りの株式を持っています。

法人、個人一体型取引を推進しています。

経常利益90億500万円(24.6%)

通期予想92億円

地盤の千葉県の経済もコロナの影響、後半のウクライナ戦争の影響で、不安定でしたが、地元事業の資金繰り並びに、ビジネスモデルの変革、IT化の応援に取り組んできています。

PER2.46倍

PBR0.13倍

それにしても、低いPERですね。

アガパンサス

2022年3月期の千葉銀行の決算短信

https://www.chibabank.co.jp/company/ir/library/tanshin/pdf/2021_04_001.pdf

上記は、2022年3月期の千葉銀行決算短信です。

千葉県で断トツの地銀大手。

東京展開を強化。

経常利益787億2700万円(9.7%)

通期予想865億円

有価証券利息配当金の増加を主に理由に、営業費用の減少もあり、昨年度より増加しています。

中小企業への貸し出しが増え、有価証券の残高も増えています。

PER9.13倍

PBR0.52倍

市場の評価は、地方銀行は、どれも、良くないですね。

野萱草

武蔵野銀行の2022年3月期の決算短信

http://www.musashinobank.co.jp/irinfo/financial/kessan/pdf/2021_06.pdf

上記は、武蔵野銀行の2022年3月の決算短信です。

武蔵野銀行は、さいたま市を中心に埼玉県全域に店舗がある中位の地方銀行です。

東京都武蔵野市とは、関係はありません。

経常利益134億9200万円(5.3%)

通期予想147億円

コロナの影響で不景気感が増し、後半の原材料高で埼玉県下の経済状態は停滞気味です。

業務利益は増加しましたが、株式等売買益などの経常収益が減少していますが、経常利益は、増加しています。

PPER5.57倍

PBR0.24倍

市場の評価は、地方銀行にとって、どこも厳しいいですね。